06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CASE 1 「脳と旅する男」 感想

なんとか、アニメを見ることが出来ました!
なので、感想いきたいと思います!(^-^)

「秘密~The Revelation~」
 CASE 1 「脳と旅する男」

OPで、「秘密」のタイトルが出たとき、ちょっとジーン……としました……!(´A`)

曲は結構好きです♪

薪さんがいきなり見下し視線でドキドキしました(笑)
いったいあの赤いソファーは何なのか……。
というか、高層ビルのようなあの場所は、一体どこなんだろう……?
でも、小道具・雰囲気としては大好きです!(笑)

薪さんが座っているときはいいんですが、一瞬青木が座ったときに凄く偉そうでカチンときました(爆)
薪さんを脇に立たせといて!(`ε´)
どうせなら、二人で座らせて欲しいです(笑)

「第九」メンバー、今井さん・小池さん・宇野さんはアニメではいないみたいですね……(泣)
本気で悲しいんですが……!!(;Д;)
あと、曽我さんの走り方がなんだかおかしくて哀しいです(笑)

細かいところまではよく見えなくてわからないのですが、「蝶」と「蜘蛛の巣」というのがOPのテーマになっているのでしょうか?


本編行きます(^-^)

天地の声の高さぶりにびっくりしました……。ぶりぶりでちょっとやだ……。
青木が読唇術のスペシャリストかあ……。
確かに、そうした方がストーリーは進めやすいですね。

「第九」、原作では独立した建物なのに、アニメではある建物の中の一部になってるみたいですね。
しかし、あれだけ広くて大きい立派な建物なのに、「第九」は地下5階……。
閉塞感があって嫌だなあ。
しかも、仕事のデスクを並べてある所が、刑事ドラマ並のしょぼさなんですが……(泣)
まさかとは思ったけど……やっぱり、室長室はないようです(泣)
ああ……もう、映画「姑獲鳥の夏」で、薔薇十字探偵社の間取りが原作と違うかった時と同じくらいショックです……!(泣)←分り辛い例え

というか……なぜ原作「第九」メンバーを切り捨て、オリジナルキャラが二人も足されているのか……。
「小野木田聖」は、おそらく脳の医学的な部分の担当という事なんでしょうが……「みちるちゃん」は何の意味があるのか……(-_-;)
何故女性キャラを出す必要が……(汗)


刑事ドラマ並の狭い部屋の奥に、異色なものが一つ。
OPに出て来た赤いソファーです。
ま、まさか……!と思いつつ見ていると、おみあしが……!(笑)


「あ、あどけない……!」
「こんなに幼く見える人が……」


もう、にやにやが止まりません(笑)
そうか、そう来たか~!(´∀`)
しかし、唇のアップになったときはびっくりしました(笑)

手首を掴まれた際の、二人の世界・アングルぐるぐるは、もうニヤニヤどころじゃありません(笑)
げっへっへ!(笑)

原作より多少簡略された出会いの場面ですが、薪さんを印象づける登場シーンがほとんど省かれているのもあって、このシーンで印象づけよう!というスタッフの意気込みが読み取れます。
少々やり過ぎな感を与える演出ですが、「青木と薪の出会い」を運命的に見せたい、というスタッフの意図が嬉しいです!(´∀`)

「鈴木」

と薪さんが言って下さったので、安心しました……。
ほっ……(´v`)
涙目のシーンがなかったのと、青木を掴んだまま眠らなかったのは惜しいですが……(´_`)

あっ、薪さんの声、ギャーギャー言ってた割には結構イメージ通りです(笑)
ドラマCDで、慣らされたというのもあるんでしょうが(笑)


顔を見ていきなり、

「転属願いを出しておけ」

は、筋が通らな過ぎです、薪さん(笑)


第一話の説明的ストーリーだから、仕方ないとは思うんですが……果たしてこの事件は、「第九」で取り扱うべきものなんでしょうか?(-_-;)
普通の捜査で、充分解決出来そうです……。

別に「凶悪犯罪」という訳ではないし……。


車の中での岡部さんと青木の会話。
薪さん、そういうことを口に出すタイプではないと思うんですが……。

「バカヤロウ!」

って……薪さんこんな言葉遣いしないもん~!(泣)
薪さんはやっぱり……

「何の役にもたたん!!
このバカ!」


です!(by 2002/笑)


小野木田さん、別に医学が専門じゃないみたいですね~。
室長への口の聞き方が軽めなところをみると、正規の「第九」メンバーじゃないのかも?

すっごく厳重!って感じの「第九」の部屋なのに、ホイホイ人を入れていいものなのか……(-_-;)

青木のヘリ運転シーンは、「2001」への伏線と思っておいていいんでしょうか?(^-^)
それにしても、言っちゃ悪いですが、こんな小さな事件にヘリを使えるのだろうか……?
あ、でも警察の威信を守る為ならOKか(笑)

お、お父さん……!!Σ(゜Д゜;)
娘さんの前でそんな事をペラペラと……!!
いいのか……?(-_-;)


原作では、脳の映像をどう再現するかに焦点は当てられていませんが、アニメでは詳しく説明してありました。
一回目ですしね。
でも、ちょっと大掛かり過ぎる機械にびっくりしました……。
何かのハリウッド映画みたいで、私は少々げんなりしました(´_`)
いちいち捜査員総出で調べていたら、一つずつしか事件を見ていけないし……。
まあ……アニメ的には、そちらの方がドラマティックな演出になりますが。

原作の、現実的に仕事してそうな感じが好きなので、なかなかアニメの世界観に馴染めませんが……これはこれで見守って行きたいと思います(笑)
MRIのBGMは結構派手で好みです♪('∪')

最後は、急ぎ取りまとめたという感じですが、嬉しそうな薪さんが印象的です(^-^)


アニメの薪さんに関して言えば、もうちょっと細身に描いて欲しかったです(笑)
でもスーツの色味は好みです♪('∪')
あと、まさか常に唇がツヤツヤしている設定だとは思っていなかったので、嬉しいです!(^-^)
受的美形キャラとして描かれている事の証明の様で安心というか(笑)
寝顔はグッジョブ☆でした!(´∀`)

青木は……前髪の触角(?)が多い様に思います(笑)

岡部さんは……原作のが恰好良いなあ(笑)


EDは良かったです!(^-^)
清水玲子先生の原作イラストを使って下さって、ほっとしました(笑)
そしてやっぱり!!
「秘密」といえば、あの「青い薔薇」のイラストですよね!!(´∀`)
このイラストでラストを飾るということは……アニメ的に、青木×薪路線は有り、と考えていいんでしょうか!?(嬉し過ぎて飛躍している)


次回予告、次は「1999」みたいですね!
青木も映っていたところをみると、「1999」が「第九」より5年前という事に引っ掛けて、青木の5年前も一緒にやるんでしょうか?(なんかちょっと若かった様な気もするし……)

ぜ、ぜひ、薪さんの5年前も……!!(笑)



最後は再び薪さんの寝顔カット。
よし、きっと最後は毎回、「今週のとびっきり薪さん」のコーナーなんだ!!(笑)



一度ざっと見ただけなので、はっきり覚えてないところもあるのですが、ご容赦頂けると幸いです……(^_^;)

「1999」前後編のあとは、「2001」が放送される事を祈ってます!(´∀`)
スポンサーサイト

公式サイトを見てみたら

トップイラストの薪さんがちゃんとノーネクタイになってました!

わーい!!(^▽^)
ファンの祈りが通じたのでしょうか?(笑)


それから……

岡部さんと曽我さんの名前が公表されてました!

びっくりした……全然知りませんでした(笑)

岡部靖文
曽我孝


とおっしゃるそうです。

アニメでは、今井さん・小池さん・宇野さんを抑えて、曽我さんがメインキャラクターなんでしょうか。
他の方はお名前が載っていなかったので……。

その代わり、小野木田聖というオリジナルキャラクターらしき名前がありました。

荒筋をみると、アニメではどうも1話からオリジナルストーリーみたいです。
「2001」はやらないのでしょうか……?
でも、キャラクター紹介の薪さんのところを見ると、「28人殺し」について書いてあったので、きっといつかは触れてくれるのでしょう(^∪^)
「2001」あっての薪さんで、薪さんあっての『秘密』だと、私は思ってます!(^∨^)

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。