05
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘密2008」ACT.3 感想②

……また間が空いてしまいました……すいません……!(>д<)


「秘密2008」 清水玲子


本編感想いきますね!
雑誌のページ割でいきますので、良ければお手許にご用意下さい(^-^)



P12。
「だが それだけだ」

軽蔑し、嘲笑する様な視線で言い放つ薪さん。

「薪さん――」

すっかり青褪めっ放しで、何度も制止に入ろうとする青木。

「あなたは決定的に想像力に欠けている」

"事実"をみることは出来ても、"真実"をみることが出来ない。

P13。
「どう頑張っても自分をとりまく倖せな人生しか想像出来ない
死者の人生を――
事件を含む社会を俯瞰で見る事が出来ない」


酷薄な笑みを浮かべ、断罪する薪さん。

薪さんが言われていること――なんだか私には、
「監察医として致命的な欠点だ」
というより、「人間としての欠点」に思われてならないんですが……。
自分の事しか
「想像しようとしない
見ようとすらしない」

"十年来の親友"の事ですら、ろくに見えていなかったのですし。


P14。
「ちょ……っ
待って下さい
いくら薪さんでも非礼に過ぎませんか?」


岡部さんの制止も聞かず、三好を必至で助けようとする青木が正直うざったいです……(爆)

4コマ目、

「スペシャリスト?」

と、鼻で笑う見下しきった薪さんがいけてます(笑)
軽蔑しきった顔や見下すような態度が、ほんと色気があって似合うよな~と思います♪(笑)

「そうです!!
なんで笑うんですかっ」


青木は事態が見えてないですね……。
6コマ目の、
「彼女は捜査員じゃない
監察医です」

という主張は確かにもっともですが、そもそもこの事件、三好がその境界線を越境してきたのを発端とし、それを無理矢理受けたのは青木なのだからそれを言っても……。
どちらかというと、立場を無くすのは薪さんではなく三好と青木自身の気が……。


「やめて」

P15。

「私を
自分の妻か
恋人かとでも
思ってるの?」


あ……付き合ってるわけではなかったのですね……!(ほっ)
って、それはひとまず置いといて……(笑)


「自分の意見も男に代弁してもらわないとならないような
バカな女に私をしないで」



忘れがちですが、三好は35歳。
今まで長年プライドを持って、それこそ「女薪」と言われるほどがむしゃらに頑張ってきたのでしょう。
それを22(23かな?)の若造なんかに庇われたら……立場どころじゃなく、今まで築いてきたもの総てが崩れた様に感じるでしょうね……。

結局、青木も恋に狂って自分のことしか見えてないのでしょう。
三好にしか注意を注いでいないから、”庇う”という感情に支配された行動に精一杯で、「なぜ薪さんがそういう風に言うか」理性で考える余裕も無い。
薪さんの容姿に初めは驚き、「意外にもろい人」だと認識したはずなのに……近くに居すぎて、「強い」ところしか見えなくなってるのかもしれませんね。

三好に対しての発言で、青木にも多少、弱い立場に立って物を考えられない善人のエゴ、みたいなものを感じてしまいました……(汗)


P16。
「その時
鈍い俺にも
ようやく
わかった」


え?
え!?
ちょ……ちょっと待って……!?
スポンサーサイト

「秘密2008」ACT.3 感想①

待ちに待った、『MELODY』6月号が発売致しましたね!(´∀`)

発売より遅くなってしまいましたが……

「秘密2008」清水玲子


感想いきたいと思います!(>∪<)


先ずは表紙から。

27日に、本屋の少女漫画雑誌コーナーを友達とうろつきながら探してました。
友達が「あったよ~」と『MELODY』を指をさした瞬間、意味不明な叫びをあげながら2mほど飛び退きました(爆)

いえ……あの……微笑みが眩し過ぎて、正視できなかったのです……(///)

明らかに友達に不審がられ、じたばたと店内を暴れ回る私ですが、なんとか雑誌を手にするため、苦笑いする彼女を盾にして棚への接近を試みました(オイ)

そろそろと顔を出そうとすると、「ほら!」と目の前に突き付けられ、その場にへなへなとくずおれてしまいました(重症)

しかしなんとかかんとか、雑誌を胸に抱き(表紙と目を合わせないため)レジでの購入を完遂致しました……!(おおげさ)

ふう……!
なんとか薪さんの身請けに成功したぞ……!(違う)

しかし……あの表紙は……反則ですよね……!

薪さん、何のファッション誌だ、というポーズが恐ろしいほど決まってます(笑)

肘から先の腕が眩しいっす、室長!(変態)
でも何と言っても……あの爽やかな、微笑み!
見ているこちらまで笑顔になってきます(^-^)

背景が、薔薇の壁画っぽいんですが……いったいどこへ誰と行かれてるんでしょうね(ニヤリ)



別れを惜しみながら表紙をめくると、「秘密」テレビアニメ速報が。
おおっと、凄い柄服の薪さんと再対面ですね(笑)

正味、このページ全部02の場面でも……というか、それがいいです(笑)
大きい絵でみたいです、ソファーで眠る室長……!
ふとももが……!(笑)

しかしアニメの薪さん、いかにも唇がチャームポイント☆という感じでたまりません♪(笑)

12の最後のコメント、なかなかナイスです!

「第九捜査員・青木と薪の日常が始まった」

……まるで二人で暮らしてるかの様に聞こえません?(笑)

ちなみに、DVDは、
◆3話収録
◆7月25日発売
◆5040円
らしいです。

映像特典は
◆記者会見
◆清水玲子先生・監督・キャストのインタビュー
だそう。
清水先生のインタビューは……かなり興味深いですね!(^-^)
楽しみです♪

「秘密」アニメ放映リストを見ると、5・6話で「秘密2003」をやるみたいですね。
他の原作のストーリーをいつやるかは……タイトルからはちょっとわからないです(>_<)



さて。
では巻頭カラーにいきましょうか(笑)

ぐはっ!Σ(゜Д゜;)
二人して上着を着ている最中なんて……!
よからぬことを想像してしまいます……(腐りきってるもので……/爆)

でも、キッと見据える薪さんの視線から考えると、正しくは現場に捜査へ出ていくところでしょうか。

胴が短いので、そんなにあげてる訳でもないのに、ハイウェスト気味に見える薪さんが可愛いです♪(笑)

動きのある絵で私的には好きなんですが……青木の扱いが……小さいですね(笑)
可哀相なくらいです(笑)


次から本編いきます!('∪')

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。