09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘密2008」ACT.2 感想③

だらだら薪さんの可愛いさを讃えているだけの文ですが、良ければお付き合い下さいませ♪(笑)

「秘密」2008 清水玲子


P45。そういえば、「その後 親戚の援助も受け」って……親戚とかいたんですね……。
親戚に救けを求めるわけにはいかなかったのでしょうか……(´_`)

5コマ目6コマ目と、三好の視線を一身に浴びる薪さんですが……いやはや、美し過ぎます……!!
目を伏せた薪さんが私は大好物(笑)なんですが……この角度、眉のすっとしたライン、睫のバサバサ感、唇の開き具合、耳許の髪の掛け具合、額へ落ちる髪、尖った顎…どれをとっても完璧過ぎます……!(´∀`)
……すいません、変態で!(笑)

「妹がからむとキレる」

そう言った薪さんは、凄く楽しそうに見えます。
事件を楽しむ"あちら側"の薪さんと。
人の生命や人生を愛おしむ"こちら側"の薪さん。
両極端をその内に抱えているからこそ、これほどの魅力があるのかなあ……なんて思います。
というか……指先本当に綺麗ですね(笑)

P47。
「だれでも容易に想像がつくでしょう」

"だれ"を強調する辺り……皮肉たっぷりですね(-_-;)
5コマ目の、三好が蒼褪めた様子を見て「フン」といかにも取るに足らないものを見るかの様な薪さんが……(笑)
薪さんを怒らせると怖いですね(-д-;)

そういえば、捜査を指示する以外で、薪さんが事件について自らプレゼンする場面って初めてなのでは……!
もともとは青木にやらせていた捜査だけに、薪さんの怒りと気合いが読み取れますね……(-_-;)

P48。4コマ目のしらーっとブリザードでも吹いてきそうな表情が好きです(笑)
ともすると、寝起きのような表情です(笑)

P49。薪さんが「三好先生」と呼んでいるのに対して、三好は「つよし君」。
というか……「何も言わない」つもりなら何故、来たのでしょうか?
薪さんが私情を考慮してくれると思ったから?まさか己に糾弾が向けられるとは思っていなかった?
捜査に協力するつもりはないけど、事件については知りたい。
これじゃただの野次馬と変わらないんじゃないか?と思います……。


「あなたのたっての要望に青木が応えて始めた捜査ですよ」

「それでも何の兆候にも気がつかなかったと?」


薪さんの言葉によって、やっとじわじわと自分のしてきた事がどう実を結んだか気付いてきた三好。
吹荒れる修羅場と珍しく熱い薪さんに、曽我さんと今井さんがぽかーんとしてます(笑)


P50。
「薪さんそれじゃまるで尋問――――」
「黙ってろ 青木!」

皆さんぽかーんとされてますが……青木が蒼褪めるほどびっくりしてるのが意外でした……。
まさか薪さんに突っ撥ねられるとは思ってなかったのでしょうか……?
それとも、蚊帳の外扱いされた事がショックだった?

あくまで、冷静な態度を崩されない薪さん。ずっと睥睨するかの様な表情です。

P51。
「何でも話す仲だったんでしょう……?」

そうではないと知っていながら、わざとそんな質問を囁く様に問い掛け、傷口を抉り込む薪さんが素敵過ぎます(笑)
というか、このコマの薪さんが……艶っぽ過ぎます(笑)
色香が溢れてます(笑)

P52。
「母親は多分 父に殺されたのだ と」

おぉ~~い!!Σ(゜Д゜;)
三好!!普通そんな事知ってたらもうちょっと…気にならないか!?
「兆候」どころの話ではない気が……(-_-;)
葵さんは三好という「親友」に頼りたかったから、おそらくそんな話まで当時は打ち明けたのではないかと思われますが……(´_`)
余りに「兆候」を見逃し過ぎです、三好。
いや、相手の上辺しかそもそも見えてないのかも……(-_-;)
いやいや、痣にも気付かないくらいだから、上辺も見えてませんね。

P56、本気で怖いです……(泣)

P58から61にかけての話は…なんだか既視感を感じる……。
どこかで、似た様なエピソード(特にクツの辺り)を読んだ気がするのですが……ダメだ、思い出せません(汗)
だからどうってわけでもないんですが……思い出せないとそわそわする……。

「尚 もどれ!!葵がどうなってもいいのか」

父親が自分の子どもを手に、自分の子どもに向かって言う言葉じゃないですよね……(-"-;)
"普段は優しい人"とのことなので、自分の「家族」の分散を防ぐのに必死で咄嗟に出て言葉……ともとれなくもないですが……。

P64から67まで…本当に、切な過ぎます……(;_;)
もう、本当によその兄妹を見たところなんて……!(泣)

P68。こ、こわいです……。一体いつ、清水先生の脳裏にこういう構図が浮かんで来るのでしょうか……(泣)
包丁とカップが両脇に置いてあるのが生々しい……。
というか……団地で夏祭りを開催するほど人付き合いが密なのに、誰も異変に気付かなかったんでしょうか……?
それ以前の、父親の虐待にも。
もし気付いていて、誰も動かなかったなら凄く哀しいです。
三好の様に、気付きさえされなかったなら、もっと哀しい……。
そう、思います……。

Secret

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。