04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘密1999」 感想②

引き続き、

「秘密1999」 清水玲子

感想です(^∪^)



P47。マコーレイ君、その若さで組織のトップブレインて凄いですね(笑)
マコーレイ君の話も、ちょっと読んでみたかったです('∪')

P49。
「しってるよデボラ」

……一目惚れの瞬間ですね(笑)

P50。見ていて本当に、このページから、胸がザワザワドキドキしました…!!
ケビンの「ドクン」に連動したように。

恋する者には、やっぱり実物以上に美しく見えるんですね……(笑)
P52のマコーレイ君は、本当に美しいです…!!
P53。コマ送りの画で、どんな所作からもずっと目を離せない、というのが……大統領の一途な秘めた想いが伝わってきます……!(泣)

P54・55。
清水先生の描かれる、飲み物を飲むシーンって、とても清冽な色気を感じます。
それでいて、この片思いしている側の緊張感と感動がダイレクトに伝わって来るのは、やっぱりコミックスが大判だからこそだと思います。
ありがとう、白泉社!(笑)
それにしても、マコーレイ君は、本当にスタンダードな美形ですよね……(ほう)
キリリと目線を上げた、凛々しい表情が素敵です(´∀`)

P56。4コマ目、やっぱり女性の方が気付くのが早い様です(笑)

「とたんに見ているオレの全身からひや汗が出て
手までふるえた」


本当に、一読者の私でさえも、そうなりました……。
8・9・10コマ目の視線、露骨でドキドキしますね(笑)

P57。
「なんでこんなに恥ずかしいんだ」

「トイレもバスもベッドの中」のことなんて、大した"秘密"じゃない。
本当の"秘密"というのは、その人が真に「知られたくない」と思っていること……。

P58。いくらアメリカでも、公衆の面前でこれはどうかと……(笑)

P60。
「ほとんど見ることのなかった
マコーレイの写真


写真でも
彼は目をあわせないものを選んだ」


せ、切ない……!!(泣)

P62。娘に微笑みかける彼を、大統領はどういう想いで見ていたんでしょうか……?

P63。
「命をかけて守ったのに
大統領だけの絵だったのに
こんな
彼は見ていただけなのに」



"見る"ことすら許されず、聖域を土足で踏み荒らす捜査。
間近でその辛さを見てしまったケビンは、

「『見る』ことで
聖域を荒されるのなら
一生見ない」


と、決意しますが……だからって、自分から離れられるのが凄いと思います。

P67。
「それくらい愛してる」

大統領の様に注目されることは無くても、"汚される"と分かっていて見ることは出来ない……守りたい、ということなのでしょうか。
4コマ目、打ち棄てられ雨に汚れた新聞が、全てを象徴しているかの様です……。

P68。
「愛している」

とても印象的なラストです……。
写真を破ったのは、自分の名誉を守るためではなく、彼の名誉を守るため。

それを、「事件」かもしれない、と土足で踏み荒らす捜査員たち。
生前は讃えていた癖に、手の平を返した様に書き立てるマスコミと、面白がる大衆。

本当に、初見のときは切なくて、哀しくて、号泣したのを覚えています……。

今日、読み返していて気付いたのですが、『秘密』は、「禁断の想い」というのが一貫したテーマの一つになっている様に思います。
人に祝ってもらえるような、そんな”健全“な想いなら、「秘密」にする後ろめたさ・穢されるかもしれない、という思いは抱きませんもんね。


……やっぱり、この導入部があるからこそ、『秘密』が最大限生きてくるんだな……と、久々に読んで実感しました。
"導入部"と言ってしまうには、勿体ない素晴らしい作品ですが……!




初見からかなり時間が経っているため、内容に切迫した感想、というわけにはいきませんでしたが、今だからこそ読み返して気付ける事もあるなあ……と思いました(^∪^)
これは、ぜひ映画館の大きなスクリーンで観てみたい作品です!

Secret

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。