04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月7日

7月7日

「薪さんは?」
「もう帰ったよ」

 ここ二、三日暑さが急に増しており、第九の誰もがエアーコンディショナー……つまりは、クーラーの発明と恩恵に感謝を捧げていた初夏のことだった。
 岡部は急ぎの仕事をあげて、数日の己の頑張りを室長に認めて頂くべく、報告に上がろうとしていた。
 時刻は午後九時を既に回り、居残っている者は岡部の他にはこの件を担当している小池だけだった。普段は室長も研究所に居残り、捜査の進捗管理をしている。ほとんどここで生活しているのでは……と疑われるほどである(何せ食堂にシャワールーム、寝るためのソファーまで揃っているのだから)
 
 ここ数日、室長は夜は自宅に帰っていた。
 
 すっかり平常通り、いるものだと思い込んでいた岡部は、慌てて追いかけなくてはいけないはめになってしまった。
 クーラーに泣く泣く別れを告げ、昼間のむっとした空気がまだ残る外へと駆けて行く。


 
 駅へと向かう途中の第九からは然程離れていない公園に、果たして室長はいた。
 良かった、見つかった、と安堵しながらも、なんだか声が掛け辛かった。室長は、公園の入口付近の、チェーンを掛けるポールの上に軽く腰掛け、物思いに耽る様な横顔で中空を見つめている。
 この公園は木が多く植えてあり、住宅街の明かりも届き難い。街灯はまばらにあるだけで、星ばかりが皓々と輝いている。
 星明かりの中、かすかに群青の闇に浮かび上がる室長の姿は、まるで自ら発光している様で、この世のものとは思えないような印象を岡部に与えた。一枚の絵画のような、素晴らしい闇との対比がそこにあった。
 何を見つめているのか知れない虚ろな瞳が、更に現実では無いような浮游感を岡部に与える。睡そうに半分だけ開かれたその瞳は、星の微かな光を湛えており、遠目だからかもしれないが潤んでいるように見えた。

 睫毛がゆっくりとしばたいた。

「岡部か」
 舞台で多くの観客を魅了する俳優の計算され尽くした動きの様に、室長はこちらへ目線を流しながらゆっくりと優雅に首を傾けた。首の動きに連れ、亜麻色の髪が白い首筋を流れる。
 昼間に雨が降ったため、地面からは湿気が立ち上り、シャツが体にまとわりついてくる。特に岡部はここまで慌てて走ってきたので、体中が汗でべとつき気持ちが悪い。
 夜といえども、ただいるだけで汗をかく暑さなのに、岡部の目には室長は汗の一滴も流していないように見えた。
 白磁の肌は、見た目そのまま陶器の冴々とした冷たさを抱えているかのようで、この蒸し暑さからも室長だけは無縁なのかもしれない、などと岡部は思ってしまう。

「何の用だ」
 室長の声で、自分がぼうっとしていた事に気付く。用事を果たさなければ。
「はい、例の事件の捜査結果を見て頂こうと思いまして。お疲れでしたら明日にしましょうか」
「いや、いい。今から第九に戻る」
 ポールにもたせかけた腰を浮かそうとして、不意に室長の細い身体がふらついた。横様に倒れこんできた身体を、岡部は慌てて支える。
「――っ」
「大丈夫ですか」
 自分の胸許で支える格好になり、薄い襟衣を通して室長の体温が伝わってくる。細いとがった肩が伝えるそれは、岡部が思っていたように冷たくはなかった。むしろ、熱い。
「――めまいが、しただけだ」
 この暑さが室長にとって無縁なものなどでは無く、色濃く影響を及ぼしていたことにようやく気付いた。俯きつつ、平静を装いながら発された声は、倦怠を隠し切れてはいなかった。白いうなじはしっとりと汗ばみ、襟足の髪が首筋にはりついている。
 多分、自分が大き過ぎるのだろうが、こうして見下ろしていると室長の華奢さにはっとなる。ほんとうに、この細い身体のなかにどれほどの激情が隠れているのだろう。
 
 どれほどの重荷が圧し掛かっているのだろう。

 自分は、知っている。室長がただ第九のためだけにどれほどの犠牲を強いられているのか。それを部下には知られまいとしているのを。もちろん自分にも。
 だから、室長が大丈夫だ、と言えば自分は知らない振りをする。

「歩けますか」
「ああ」
 口ではそういいながらも、胸にもたせられた重さは軽くならない。
 果たして自分は、今こうして身体を支えるように室長を支えることが出来ているのだろうか。
 今のいままで、このことに気付かなかったように、見落としていることがあるのではないだろうか。
 自分はもしかして、大変なことを見過ごしてたのではないか。
 急にそんな不安に襲われ、冷水を被せられた様にひやりとする。

「――最近早くに帰られてたのは、体調が優れなかったからですか」
 できる限り平静を保ちながら、問い掛ける。



――――――――――――――――
とりあえず思いついたので忘れないうちに途中まで。
ほんとは昨日、完成品で載せたかったんですが(^v^;)

また更新します!

どうしましょう・・・

岡部さん目線の薪さんの描写が、とても美しく・・・・
読んでてニヤニヤが止まらない自分が気持ち悪いです。助けてくださいっ!
素敵です~~~。完成版も楽しみにしてます♪

きゃっ☆(´∀`)

早速のコメントありがとうございます、こゆうさま!(^∪^)
こゆうさまのニヤニヤを引き出すことに成功して光栄です☆(笑)

岡部さん目線で書くのは楽しいです……思いっきり暴走しています(笑)

なるべく早く、完成形(今で三分の一位でしょうか…多分)をお目にかけられるよう、妄想力を振り絞って頑張りたいと思います♪(´∀`)

完成版期待☆

BL目線がサイコーっす☆
記事ももちろん読んでますが、
ここまでのBL目線ブログはないので嬉しいです☆
完成版読みたいです(^^)/ 新作も期待♪
応援してます!!!

よくお気づきに……!

コハルビヨリさま、コメントありがとうございますvV
BL目線というよりは……自然体なんです、これが(爆)
根っから腐りきってます……(-v-;)

ときどきちょこちょこ更新しているのですが、まさか気付かれてる方がいるとは思いませんでした……!
頑張って完成させますね!(^▽^)

し、新作ですか……!むむむ、これを完成させてから、また考えてみますね(^v^)
なんせ遅筆なもので……(汗)
コハルビヨリさまの応援にこたえられるよう精進いたしますね!♪

ありがとうございました~☆

もっと読みたいです

素敵なSSですね。
秘密のブログでSS載せてらっしゃる方は少ないので、楽しみです。
春日さんの室長は、重い過去や重責を背負って苦悩している様子が、ほんとに切実にかかれてますよね。そしてそれを隠して、平気な顔をして誰よりも冷静に仕事をこなすところが、かっこいいんですよね。
それをちゃんと分かってる岡部さん。今後の展開が楽しみです。頑張ってくださいね、

ところで、もうすぐ28日ですね。ふふふ・・・岡部×薪(もちろんプラトニック)派の私には、待ち遠しい限りです。今回の話、ACT20くらい続いてもいいです(笑)

こ、こうえいです~!

siduさま、こんにちは(^∪^)
拍手の方でもコメント下さって……本当にありがとうございます~vV(^∪^)
素敵だと言っていただけてとても嬉しいです……!
「秘密」の感想と同じく、SSは自然に心に溢れてくるものを出来るだけ素直に書こう、と思って書いてます。
せっかく楽しみにして下さってるのに、遅筆で申し訳ないです……(>Δ<)

私の描く室長像が、正しいかどうかはわかりませんが、7年見つめ続けてきた成果なので、siduさまに共感していただけて本当に嬉しいです……!(;_;)
ありがとうございます、頑張ります!(>∪<)
はい、もうすぐ28日ですね☆(´∀`)
すいません、感想も28日までには上げたいと思います(^_^;)

岡部×薪(もちろん私もプラトニック派)同盟を結成出来そうなほど、最近の岡部さん人気は凄いですね!(≧∇≦)
あ~、早く室長のことでじたばた苦悩する岡部さんが見たいです!(笑)
私も青木が来るまでの岡部×薪な日々の春夏秋冬を丹念に、ACT20くらい読みたいです(爆)
Secret

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。